2005年12月29日

有馬に続いて東京大賞典も沈没

有馬記念
あい、ハーツクライ強かったっす。
っつか、何で突然、3番手にツケられるんでしょうか・・・これが外人騎手の腕っぷし&勇気なのか・・・

思えば今年、「突然の前ツケ」ってのが記憶に残る年度でありまして、
春の京王杯スプリングC:アサクサデンエン(前走はほぼシンガリからのド追込だったはず)
秋の毎日王冠:サンライズペガサス(この馬については仰天度数は低いのですが、あの手ごたえはw)
そして今回のハーツクライなわけですが、ほんと不思議っつか、なんというか。

一説には、追込みが前にいって失速することへの恐怖、勇気の欠如とかいわれてますけど、ほんとのところはどうなんでしょうか。
(っつか、前にツケられないからこそ、それまでは追込みだったわけで・・・・先頭へ戻る)


東京大賞典
アジュディミツオーは迷ったのですが、キってみた。そしてヤラれたw
終わってみれば能力が上だったということなんでしょう。
それにしてもヨコテン。

2005年公営成績は、 23戦 0−11− 2− 2− 1− 7 勝率0.0% 連対率47.8%
だそうなw

能力というよりも、気持ちというかスタンスの問題なんでしょう。多分。
posted by 銀弾丸 at 21:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

いよいよ有馬記念!金のニホイがしま鮮花?(TMR風に)

image01.gif

っつーことで、いよいよ有馬。
余裕のローテでディープ圧勝なのか。
特異な中山2500コースによる波乱はあり得るのか

さあ、皆様。
乾坤一擲の予想披露、お願いシャー----------ス!!!


銀弾丸の予想板はこちら
posted by 銀弾丸 at 20:15| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

長かった・・・・・悲願のG1制覇

ということで、G1勝つまで更新しないという勝手な理由から、超久々の更新。
ええ、やっとのことで勝てました。まじで長かった・・・・くぅ・・・

ギンギンエアウルフ号なんですが、初回調教2.4の先行馬。
ポンポンポンと3連勝はしてみたものの、イマイチな手ごたえ。
結果、ローテも錯綜し、馬場適性コメントまでもスルー・・・・シネ!くそ調教師

中長距離を中心に戦歴を重ねるも、コメント出現せず。
結果、毎日杯2着→セントライト記念2着を経て(毎日杯もセントライトも特級蹄鉄w)、
菊花賞へ出陣!



過去敗れ去った愛馬たちを教訓に、「海の蹄鉄」をチョイスしたところ、
下馬評は以下の画像のとおり・・・・・


doco0512122257340.jpg


あい、出ました! 5番人気の完全無印!!!
(この時点で、まぁこんなものかのーと、ある意味、諦観の構え)続きを読む
posted by 銀弾丸 at 00:58| 東京 ☀| Comment(13) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。